やまざき動物病院のブログ

名古屋市名東区で診察している「やまざき動物病院」です🐶🐱

秋の健康診断

こんにちは
獣医師の山崎緑です。
すっかり季節が変わって朝晩はだいぶ涼しい風が吹くようになりました。
秋晴れのお天気が続いて、外を歩くのがとても気持ちいいですね

当院では、10月から秋の健康診断キャンペーンとして、血液検査がいつもよりもお得に受けていただけるようになっています。
人よりも年を重ねるスピードが早い犬猫には、健康診断を(年齢にもよりますが)半年に1回程度のペースで実施いただくことを推奨しているからです。
動物も病気の早期発見で健康寿命(元気と食欲がしっかりある状態)を延ばす事ができます。
大切な家族の健康を守るためにキャンペーン期間を利用していただけたらいいなと思っています。
※ それぞれに必要と思われる検査項目は違う事もあります。
    どんな検査をするかのご相談もできますので、ご不明点は獣医師にお尋ねください。 

IMG_8062


 

防災の日〜マイクロチップ〜

こんにちは。獣医師の山﨑緑です。
9月に入ってもまだまだ残暑が厳しく、大きな台風も近づいてきているようです。
皆様お変わりないでしょうか。

今日は9月1日、防災の日です。
この日には毎年様々な場所で防災訓練が行われる事も多いのではないでしょうか。
近年、動物の防災に関するセミナーや書籍、ホームセンター等での商品の充実などから、ペットの防災対策について社会の意識の高まりを感じています。
ペットの防災対策の一つとしては、マイクロチップの装着が挙げられます。
昨年には犬・猫へのマイクロチップ装着を今後義務化していくという法案が作られました。

ペットショップでペットを迎えられた場合、マイクロチップはすでに装着されている事がほとんどですが、これからマイクロチップを装着したいという場合にはあまり説明が無いので今回ご紹介させていただきます。
(手続き方法は自治体によって多少異なるので、詳細は事前にお住いの地域の行政にお問い合わせください。)

マイクロチップは
IMG_7440
IMG_7441
このような注射の針の中に装填されています。
針を肩甲骨付近の皮下に注射してチップを挿入(装着)します。
IMG_7446
(装着にはマイクロチップ本体の価格とチップの装着代がかかります。値段につきましては当院までお問い合わせください。)
通常治療で使用している注射針よりも少し太いので、当院では太い針を刺す前に局所麻酔注射で痛みを軽減してから処置しています。
全身麻酔では無いので絶食や入院は必要ありません。
チップを挿入したらマイクロチップの情報を読み取るリーダーと呼ばれる機械でしっかりと装着できたかを確認します。
IMG_7439

ここまで無事に終わったら、最後のしあげで登録手続き(書類)を行います。
登録は飼い主様にしていただく必要があります。
登録をしないとせっかく装着したマイクロチップの番号が誰のものかわからないままなので、必要な時に照合ができません。
そのため忘れずに行ってください。
登録に必要な書類や、手続き内容については病院でご説明いたしますのでご安心くださいね。

名古屋市では、マイクロチップの装着に対して市と名古屋市獣医師会から合わせて2050円(令和2年9月1日現在)が補助されます。
補助を受けるには補助券を発行していただく必要があるため、お住い地域の保健センターに詳細をお問い合わせください。 

当院のどんぐりも近日中にマイクロチップを装着予定です。
がんばれどんぐり! !
IMG_7445
 

お盆期間中の休診日について

お盆期間中の休診日のお知らせです
8/10(月)から8/13(木)まで、診察とトリミングはお休みとさせていただきます。 
ペットホテルの営業は行っております。
ペットホテルをご希望の方はお部屋の数に限りがございますので事前にお問い合わせ・ご予約をお願いいたします。 

また、当院3階カフェスペースにあるコーヒーマシンで、アイスコーヒーとアイスカフェラテをご利用いただけるようになりました。
 少し外を歩くだけでもクラクラするような蒸し暑い天気が続いております。
当院にいらっしゃった際には冷たい飲み物で少しでも涼しくなっていただけたらうれしいです
※コロナウイルス対策として3階の待合室も換気のために窓を開けております事、ご了承くださいませ。
IMG_7242